Menu
HOME>トピックス>リスク等もきちんと説明してくれる所を選ぼう

患者に寄り添ってくれるような所に行こう

脳のレントゲン

最悪の場合も考えられる脳腫瘍の症例の一つに、髄膜腫があります。髄膜腫が検査で見つかったとしてもほとんどの場合が良性ですが、悪性と診断された場合にはすぐに治療しなければなりません。ほとんどの脳神経外科で治療が可能ですが、その中でも患者に寄り添った対応をしてくれる所を選ぶようにしましょう。こちらの話を聞いてくれる事はもちろん、治療の際に起こり得るリスクについてもきちんと説明してくれるかどうかが大事になります。一般的には術中の出血や手術部分の皮膚が薄くなる等のリスクがありますが、それ以外の患者個別のリスクがある場合があります。そうした事も包み隠さず伝えてくれる医院を選び、万全の体制で手術を受けましょう。

隅から隅まで情報を確認

髄膜腫を治療してくれる医院選びの際には、公式ホームページ等を確認するかと思いますが、そこでは隅々まで情報を確認するようにしましょう。そこのこれまでの髄膜腫の治療実績や手術終了後の処置等、手術の事だけでなく様々な情報を確認する必要があります。さらにそこそれぞれの治療方針が存在するため、そこの確認も非常に重要になります。医院によって経過を見てから手術に移るといった所等、各所方針に明確な違いがある場合が存在します。自分の望んでいる治療を行ってくれるかどうかという事も、髄膜腫を悪化させないために大切な要件になります。

広告募集中