Menu
HOME>オススメ情報>2人に1人がかかる病気と知っておきましょう

静脈にある弁が作用しない

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、足のふくらはぎなどに血管の瘤が見えるようになる病気で、皮下静脈が盛り上がることや網目状に浮き出ることになります。この状態になってしまうとだるさとかむくみを感じたり、痛みやかゆみと言った症状を見せることもあります。下肢静脈瘤にかかってしまうと、足から心臓へ流れる血液が逆流してしまい、静脈内に留まってしまうことが原因で起こることになります。心臓に向かう血液はふくらはぎの収縮で押し上げられるものですが、ふくらはぎ周辺の筋肉が落ちて押し上げるポンプ機能が作用しなくなってしまい、瘤となってしまう病気です。血管には血液の逆流を防ぐ弁があるのですが、弁が正常に作用しないことで起きてしまいます。下肢静脈瘤になっても、手術を必要としないケースが一般的なものとなっています。

女性が多く加齢で更に増える

脚

下肢静脈瘤にかかる人の多くは女性と言われ、それも40歳以上の人に表れる傾向にあり、高齢化することで発症しやすくなっています。また多くの人も下肢静脈瘤を経験すると言っても良く、10人に1人の割合でかかるとも言われます。下肢静脈瘤は早めに手当をすることが出来、手術まで至ることがないように済むことが多くなっています。適度な運動や塩分の少ない食事などで予防が出来ることが出来るからです。

放っておかず病院へ行くこと

脚

下肢静脈瘤でも手術が必要とされるケースもあり、伏在型静脈瘤と言われる太い伏在静脈の弁が作用しないことで起こる時です。ボコボコと目立つような静脈瘤になったり、だるさやむくみがひどくなった時などは手術を行い重症化を防ぐことになります。基本的に下肢静脈瘤は命に関わる病気ではありませんが、放置したままでは病気は治りません。病気が進行する前に病院へ行き、診断を受けることがベストの方法です。

広告募集中