Menu

医療技術のレベルアップ

脚の治療

脳の病気の中でも誰でも起こりえるのが脳出血になり、これは脳内にある細い血管が破れてしまい出血によって脳に障害を与えることです。現代医療でも注目されている脳出血の治療ですが、これは症状を読み取り早期に発見することで薬などの薬物療法をすることで命が助かることがあります。もちろん外科的手術もやることがありますので、医療技術がレベルアップをしていることもこの病気との向き合い方になっているといえます。脳がむくむのを防ぐことや血圧のコントロールができることから、血液や血管との関連を理解することによって日常生活の過ごし方もわかります。また薬物療法で血圧が高くなるのを防ぐことができるのも、近年は副作用が少なくできる薬が出ているので、昔よりも使いやすいです。

自覚症状を感じる

生活習慣病でもある脳出血には早くに症状に気がつくことで治療ができ、それ以上の進行を防ぐことができるようになります。まず知っていてほしいのは血圧のことで200以上になるケースではすぐに病院で検査をしてもらうことや、どのような対応になるのかを知ることです。血圧は定期的に図っておくことが望ましいのですが、生活において血圧が高くなっても自覚症状があまりないのがわかりにくいといわれています。ただし症状として表れるのが激しい頭痛や吐き気やめまいなどがある場合は、血圧との関連が疑われますのですぐに病院で検査をすることです。その手前の出血をしない状態で検査ができるようであれば、実際に症状がでないですから安心して治療をすることができます。

血圧を測る

脳出血を診断するには問診でどのような症状になっているのかを調べ、必要に応じてCT検査やMRI検査をすることで詳しくわかります。また意識がないケースもあるので、医療現場では呼吸管理をして酸素の供給はうまくいっているのか、そして血圧管理をすることで状態の把握をすることができます。こういった血圧の管理には薬物療法をすることになりますので、降圧剤を服用することで健康な毎日を送ることが可能です。早期発見のために病院で治療をする人では、煙草の喫煙を辞めてもらうことや、飲酒を控えることも必要なケースも少なくありません。そして健康づくりの面からも重要なのは有酸素運動になり、ウォーキングやスイミングなどでも血液の流れを良くして血圧をコントロールできるようになります。健康づくりの運動では比較的、負荷が軽めのウォーキングに効果が高く、運動後に日常的に血圧を測ることで自分の今の状態を知ることができます。

広告募集中